映画レビューでやす

年間500本以上観る会社員のありのままのレビュー

2021年 第93回 アカデミー賞(予想⇒結果)

今年は大幅に時期もズレて4月末の発表、直前だけど予想しておきます。 今年はコロナ禍で劇場も閉じて大型作品の公開が少なく、各スタジオもイチオシ作品を出し控えたこともあり、必然的に小規模な良作が多くノミネートされた。突出した圧倒作では無いが作品…

2021年 第93回 アカデミー賞(予想)

今年は大幅に時期もズレて4月末の発表、直前だけど予想しておきます。 今年はコロナ禍で劇場も閉じて大型作品の公開が少なく、各スタジオもイチオシ作品を出し控えたこともあり、必然的に小規模な良作が多くノミネートされた。突出した圧倒作では無いが作品…

2021年 第44回 日本アカデミー賞(予想⇒結果)

本家アカデミー賞が4月に延期となり、先に日本アカデミー賞が迫ってきたため、今年もこちらを直前予想しておきます。 毎年のことで諦めてはいるが、今年のノミネートも本当にひどい・・相変わらずの東宝・東映・松竹、大御所、所属事務所の影響力、テレビ話…

2021年 第44回 日本アカデミー賞(予想)

本家アカデミー賞が4月に延期となり、先に日本アカデミー賞が迫ってきたため、今年もこちらを直前予想しておきます。 毎年のことで諦めてはいるが、今年のノミネートも本当にひどい・・相変わらずの東宝・東映・松竹、大御所、所属事務所の影響力、テレビ話…

2020年 邦画ベスト(個人賞)

◆2020年 邦画ベストの中から個人賞(監督・脚本・主演男優女優・助演男優女優)を選んだので発表していきます。 ちなみに昨年2019年の邦画ベスト(個人賞)はこんな感じでした。さて、今年はいかに? 【監督賞】 【第1位】大林宣彦「海辺の映画館 キネマの玉…

2020年 邦画ベスト

◆2020年もたくさんの映画を観てきました、映画館での新作はもちろん旧作・B級含めレンタルやネット配信(AmazonPrimeやNetflix含む)、テレビ放映など合わせてざっくり600本ほど。 そのうち2020年1月~12月公開の作品の中から、洋画・邦画に分けて独断と偏…

2020年 洋画ベスト

◆2020年もたくさんの映画を観てきました、映画館での新作はもちろん旧作・B級含めレンタルやネット配信(AmazonPrimeやNetflix含む)、テレビ放映など合わせてざっくり600本ほど。 そのうち2020年1月~12月公開の作品の中から、洋画・邦画に分けて独断と偏…

「洗骨」 ★★★★ 4.2

◆骨を洗うことは自分自身を洗い出して向き合うこと、笑って泣けるゴリゴリのヒューマンドラマ、命のおわりとはじまり自分のルーツ「祖先とは今を生きる私たちなのだ」 照屋年之監督=ガレッジセールのゴリ監督ならではの、沖縄愛にあふれる笑って泣ける見事…

「僕はイエス様が嫌い」 ★★★★ 4.2

◆「神様ヘルプ!」「SAY YES!」神の不在を日本の子どもの視点から描く、世界は残酷で神様は何もしないが何かを信じることは素晴らしい、障子の穴から見えるものは? 若干22歳の新人・奥山大史監督が青山学院大学に在学中に作られた超低予算の76分というデビ…

「旅のおわり 世界のはじまり」 ★★★★ 4.1

◆異国情緒での愛の参加、郷に入って郷に従わず海外旅行あるある「世界ふしぎ発見」「イッテQ」の撮影舞台裏、ミステリーハンターあっちゃんが辿り着いた世界とは? テレビ番組の撮影で異国の地ウズベキスタンを迷いながら自分と向き合っていくロードムービー…

「火口のふたり」 ★★★★ 4.2

◆食べて寝てセックスするだけの人間三大欲求解放映画、明日終わるかもしれないふたりだけの世界で、自分の心と身体は誰とどこで何をして生・性したいのか問いかけてみる 登場人物は男女二人(柄本祐と瀧内公美)のみで、ひたすら食べて話してセックスするの…

「Fukushima 50」 ★★★★ 4.2

◆事件は現場で起きているんだ、まだ過去ではなく続いているんだ、復興オリンピックの延期のようにこの物語も終わってない、慢心・想定外の言葉を繰り返さないために! 東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故、メルトダウンによる大惨事を防ごうと現…

「ナイチンゲール」 ★★★★ 4.0

◆「トゥルーグリッド」+「ブリムストーン」+「レヴェナント」差別・暴力に対する等身大の女性の復讐劇、自由に羽ばたいて歌い奏でーる鳥の歌、ビリー・ジーンときた 植民地時代のオーストラリア、夫と子供を鬼畜イギリス軍将校に殺され集団陵辱されたアイ…

「レ・ミゼラブル」 ★★★★☆ 4.7

◆「あぁ、無情」「世の中には悪い草も悪い人間もない、ただ育てる者が悪いだけだ」衝撃ラストの投げかけと怒りと憎しみのスパイラル、アレ・ミセラレル、コレ・ミゼラブル ドキュメンタリー畑で鍛え上げたラ・ジリ監督の長編デビュー作品、自身の出身地であ…

「スケアリーストーリーズ -怖い本-」 ★★☆ 2.9

◆物語は人を傷つけ人を癒す、デスノートにイット それに書かれたら終わり。怖さよりもデルトロイズム炸裂のクリーチャーコレクション・ファッションショーを楽しむべし ギレルモ・デル・トロがプロデュースしたベストセラー児童書をベースにしたホラー映画、…

「ゾンビランド ダブルタップ」 ★★★☆ 3.6

◆10年ぶりキャリアもダブルアップしてきた4人の変わらないハチャメチャさ満開の出世作、ツッコみ無用のユーモアと爽快アクションと絆でゾンビもウイルスもやっつけろ! 前作「ゾンビランド」から10年ぶりの続編、ゾンビコメディの最高峰、こんなに年月を経て…

「ジェニミマン」 ★★☆ 2.5

◆ヌルスミス対決、ヤングウィルに追われるベテランウィル!脚本ストーリーはヌルいが映像革新のヌルヌルさだけを楽しむ技術実証映画、ドルビー映画館で観るべきだった 見たまんまウィル・スミスVSウィル・スミスを楽しむ映画、政府のウラ仕事をしてきた腕利…

「ターミネーター ニュー・フェイト」 ★★★ 3.0

◆ニュー・フェイクな二番煎じ、改変して前作を無かったことにする暗黒の宿命は変わらずサラに劣化していくのか? デデンデンデデン♩、壮大な鬼ごっこイルビーバック あの傑作「ターミネーター2」の正真正銘の正当な続編(3〜5は興行的・評価的に振るわなかっ…

「IT イット THE END ”それ”が見えたら、終わり。」 ★★★☆ 3.6

◆「ディス(リ)・イズ・イット」青春ダークSFファンタジーキング映画、漫画太郎と遊星からの物体ITとスターシップトゥルーザーズ、信じることさ必ず最後にそれに勝つ♩ スティーブン・キングの小説「IT」を映画化し大ヒットしたホラー「IT イット “それ”が見え…

「初恋」 ★★★☆ 3.9

◆三池崇史の原点回帰で何でもあり「トゥルーロマンス」、日本のハーレイ・クイン、ベッキベキのベッキーを観るべっきー、ワンナイトカーニバルで生き残るのは誰だ? ザッツ・三池崇史エンターティメント!、最近は何かと実写化作品「テラフォーマーズ」「ジ…

2020年 第43回日本アカデミー賞(予想⇒結果)

本家アカデミー賞に続き、日本アカデミー賞も明日に迫ったため、こちらも直前予想しておきます。 今年のノミネートも本当にひどい・・相変わらずの東宝・東映・松竹、大御所、所属事務所の影響力、テレビ話題・見栄え要員が見え隠れして、忖度対象の人や作品…

2020年 第43回日本アカデミー賞(予想)

本家アカデミー賞に続き、日本アカデミー賞も明日に迫ったため、こちらも直前予想しておきます。 今年のノミネートも本当にひどい・・相変わらずの東宝・東映・松竹、大御所、所属事務所の影響力、テレビ話題・見栄え要員が見え隠れして、忖度対象の人や作品…

「イエスタディ」 ★★★☆ 3.7

◆もしもボックス「ビートルズがいなかったら」世界は大きく変わる、ALL YOU NEED IS LOVE!等身大の幸せが一番、ひたすら曲の良さとリリーの可愛さを堪能すべし 「もし、自分だけがビートルズを知っている世界になってしまったら…」という音楽をやっている人…

「37 セカンズ」 ★★★★☆ 4.7

◆障害者本人が演じるリアルな生と性と愛と自由をフラットに描く NEOカッコいい一人の少女の冒険青春物語「自分が自分で良かった」HIKARIあふれる人生を肯定すること 2019年ベルリン映画祭パノラマ部門で観客賞と国際アートシネマ連盟賞をダブル受賞し、その…

「ミッドサマー」 ★★★★☆ 4.7

◆「不快感から爽快感へ」美しさと狂気は紙一重の地獄のようなトラウマ映画であり、別れたいカップルや孤独な人・失恋した人には共感から解放と救済されるセラピー映画 大注目のアリ・アスター監督×A24再び、近年のホラー映画では久々に唸らされた大傑作「ヘ…

「1917 命をかけた伝令」 ★★★★☆ 4.7

◆カメラを止めるな、足を止めるな、前に進むしかない、第3の主人公になって共に戦場を駆ける命を懸ける究極の臨場感と没入感、IMAXで見ないと意味がない戦争体験映画 アカデミー賞で「パラサイト」と最後まで争った「1917」、最高の体験映画にしようとシネマ…

「アルキメデスの大戦」 ★★★★ 4.0

◆数値は嘘を付かないが政治家は兵器で嘘をつく、池井戸作品的な社内対立コンペ争いで倍返しでなく裏返しだ、現代の大和=美しい国を正しく見積もって沈ませないために 同時期に公開された「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」は稀に見る駄作だった苦手な山…

「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」 ☆ 0.7

◆【酷評注意】山崎貴監督のいつもの無神経さの極み、冒険の書ではなく冒涜の書、ユア・ストーリーと言われてしまったが、ふっかつのじゅもんで観なかったことにしたい 山崎貴監督は全てが苦手なので覚悟はしていて酷い酷いとは聞いていたが、まさかこれほど…

「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん 劇場版」 ★★★☆ 3.9

◆娯楽を超えたゲームの力よ! ゲイマーおっさんずラブの吉田鋼太郎の魅力が光輝く、不器用親子の絆とオンラインゲームあるあるに笑って泣いてやりたくなるぴょん! 「ファイナルファンタジー」のオンラインゲームを通して父との絆を取り戻していく親子の話で…

「ラストレター」 ★★★★ 4.4

◆岩井俊二ワールド全開「if♪」「ロマンティックが止まらない♪」「また君に恋してる♪」「女々しくて♪」広瀬すずの美しさと森七菜の透明感あふれる清き乙女と童貞臭あふれる変態ストーカーの青春寓話 すれ違いや勘違い、現代と過去が入り乱れる2世代に渡るラ…